北海道京極町ふきだし公園の水

f2684c45c176d6f9de0337918b7e5c4c_s

私が京極町のふきだし公園を知ったのは、ニセコにドライブした帰りでした。たまたま通りがかって時間があったので立ち寄ったのです。季節は夏で、北海道にしては暑い日でした。
こちらには環境庁の名水百選に選ばれた「羊蹄のふきだし湧水」があります。駐車場から少し歩くと、そこにはこんこんと湧き出るきれいな水を自由に汲めるようになっています。
水道ではなく、湖や川から汲む感じです。水辺はとても涼しく、手ですくった冷たい水が乾いたのどを潤してくれました。私たちは手ぶらだったのですが、みなさん大きなペットボトル(焼酎が入っているような4Lくらいのもの)を持ち、水を汲んで帰っているようです。
車内に水筒と空のペットボトルがあるのを思い出し、そちらに水を汲んで帰ることにしました。帰宅して早速、お米を炊くときに使ってみました。
たかが水の違いで、ごはんの美味しさはそんなに変わらないだろうと思っていたのですが、予想は大きく外れました。いつもと同じ無洗米が、明らかにふっくら甘く炊きあがったのです。残った水でコーヒーも淹れたのですが、こちらは確かに美味しいものの、ごはんほどの味の違いは感じられませんでした。
この一件以降、京極町方面に行く際には必ず大きな空のペットボトルを車に積んで出かけるようにしています。